いいものいっぱい、厳選こそだて

2019‐2020年の福袋やテレビ番組から育児グッズまで幅広く紹介!

おもちゃ

子どもに楽器をプレゼントしよう① おもちゃだけど本格的サックス!

2018/02/17

スポンサーリンク

音楽が好きな子どもに楽器を贈ろう♪

我が家の3才になる息子は、

NHKのEテレで放送中の「ムジカ・ピッコリーノ」が大好きです。

そんな息子から、クリスマスのプレゼントに、

サックス をリクエストされました!

 

カラフルな幼児用おもちゃではなく、

本格的なものをあげたいと思い、探しました。

 

良いものが見つかったので、紹介したいと思います!

 

ボンテンピ おもちゃのサックス

ボンテンピは、イタリアのおもちゃメーカーで、

80年以上の歴史を持っているそうです。

素材は、プラスチック製です。

重さは 130g

大きさが 42㎝

 

実際に持ってみると、

大きさの割にとても軽いのが印象的でした。

素材が軽い分、乱暴に扱うと壊れやすいと思います。

口元とキーは、本体と違う素材でできています。

 

何よりの魅力は、本格的な形と、

実際に音を出し、演奏ができる点だと思います。

上から ドレミファソラシド となっていて、

キーが色分けされています。

箱の裏には、「ジングルベル」と「オー!スザンナ」の楽譜があります。

 

子どもにプレゼントする前に、

自分で試してみましたが、

キーも軽く、押さえやすかったです。

 

私は、本物のサックスを知らないのですが、

キーを押さえないと全く音が出ませんでした。

 

幼児用のラッパのように、

ただ吹くだけでは音が出ないので、

まだ3才の息子には、

息を吹きながらキーを押すのは難しそうです。

また、3才の小さな手では、

全部のキーを指で押さえることはできませんでした。

 

音の大きさは、あまり大きくありませんでした。

 

その他の楽器を簡単に紹介します

こちらのシリーズはサックスのほかに、

トランペット と クラリネット

があります。

 

また、ボンテンピからは、

アコーディオン

ギター

シロフォン

なども発売されています。

 

輸入品なので、

在庫がなくなると、すぐには手に入らなくなる可能性が高いです。

 

おわりに

子どもの想像力は豊かで、

工作で作った楽器でも、楽しそうに遊びます。

でも、実際に音の出るおもちゃを渡したら、

子どもの音楽的才能を伸ばしてあげるきっかけにもなるかもしれません。

 

スポンサーリンク    

あわせて読みたい記事

-おもちゃ