いいものいっぱい、厳選こそだて

2019‐2020年の福袋やテレビ番組から育児グッズまで幅広く紹介!

防災食

おいしい非常食を求めて① 「ビスコの保存缶」を食べた感想

スポンサーリンク

 

非常食の定番!「グリコのビスコ」

栄えある第1回目は

一度はみんな、目にしたことがある

非常食の定番の「ビスコ」をレポートします。

 

賞味期限:メーカー製造後 5年

容量:5枚×6パック

 

一般の箱のビスコは

5枚×3パックなので、

箱2つ分と同じ量が入っています。

 

保存缶の味はクリームサンドのみでした。

 

開けてみます!

こんな感じで、

3パックずつ2段に入っていました。

 

 

「ビスコ保存缶」を食べた感想

さっそく食べてみます!

もぐもぐ。

あ、写真撮るの忘れた!!

 

・・・気を取り直して、レポートを続けます。

 

見た目は全く変わりませんが、

なんと!!

 

一般のビスコに比べて

サクサク度が高いです!!!

 

人により意見は分かれるとは思いますが、

私はこちらのビスコの方が

おいしい!!

 

わざわざ普段食べるために

買っておきたいぐらいおいしいかったです。

 

きっと、長期に保存ができるように

水分量を微妙に変えているんですね。

 

すごくおいしかったので、

6パックをゆっくりしたペースで食べました。

 

そして、10日後。

 

大事に残していた最後の1パックを

食べました。

 

・・・しっけてるーーー( ノД`)

 

あの、素敵なサクサク感が

ものの10日で消えてしまいました。

 

たしかに、一般のビスコは

アルミ製の袋に入っています。

 

この保存缶のビスコは

缶そのもので密閉されているため、

袋自体はただの薄いプラスチック製でした。

 

それだけで、日持ちが全然違うんですね。

 

「開封後はお早めにお召し上がりください」

ってよく書いてありますが、

ほんとにその通りでした。

 

価格について

ビスコの保存缶は400~500円以内で

販売されています。

 

3パック入りのビスコの箱が

だいたい100円前後で買えるので

2倍のお値段で5年保存が買える!

という感じです。

 

 

スポンサーリンク    

あわせて読みたい記事

-防災食