いいものいっぱい、厳選こそだて

2019‐2020年の福袋やテレビ番組から育児グッズまで幅広く紹介!

おもちゃ

電車のおもちゃ(トミカ・トレーン・ジク)を徹底比較 手転がしで遊べるおすすめの電車のおもちゃがあるよ☆

2018/03/02

スポンサーリンク

 

 

子どもが電車好きになったのは

1歳半のころ。

電車が好きすぎて

電車のおもちゃでしか遊ばないぐらいでした。

 

私は電車のおもちゃと言ったら

プラレールしか知りませんでした。

 

プラレールを買ったものの

小さな子どもが遊ぶには大きすぎました。

また、三両編成のため

自分で電車を動かしたい子どもには

少し扱いづらいです。

外出先に持っていくにもかさばります。

 

なにより

息子がリアル志向であったため

長さがデフォルメされているプラレールは不人気でした。

 

そこで、小さい子どもが

多少乱暴に(汗)扱っても壊れにくい

小ぶりで頑丈な

電車のおもちゃ

  • タカラトミーのロングトミカ
  • トレーンのNゲージダイキャスト
  • ジグの電車シリーズ

以上3つを紹介・比較します☆

 

タカラトミー ロングトミカ

 

タカラトミーの代表的なおもちゃトミカの

ロングシリーズです。

  • 新幹線 5種
  • 電車 1種
  • トーマスの3両列車 2種

2018年1月時点で 全8種あります。

定価 900円(+税)

トミカ ロングタイプトミカ No.122 923形 ドクターイエロー

以前は蒸気機関車もラインナップにありましたが、

なくなっていました。

 

 

トレーン Nゲージダイキャストスケールモデル

電車やバスのおもちゃを手掛けるトレーン

種類がとても豊富です。

  • 新幹線 19種
  • 列車 50種以上
  • 蒸気機関車 3種

2018年1月時点で 70種以上あります。

定価 1,200円(+税)

【NEW】 トレーン Nゲージ ダイキャストスケールモデル No.31 北陸新幹線 E7系 かがやき

70種類という数を見てわかるように、

寝台列車や機関車もあり、

選ぶ楽しさがあります。

 

また トレーンには

トラムシリーズがあり

路面電車など

小さい電車もあります。(定価650円)

トラムズダイキャストモデル No.11 熊本市交通局

 

ジク トラムシリーズ

ジクはドイツのおもちゃメーカーです。

「トミカのドイツ版」といったら

分かりやすいかもしれません。

ただし、車や働く車の種類は

トミカ以上にあります。

 

そんなジクにも

電車があります。

  • ミニサイズ 2種
  • ロングサイズ 3種

2018年1月時点で 5種類あります。

価格は ミニ 540円(+税)

ロング 1200~2000円(+税)

ジク (SIKU) 連接式トラム SK1615

連接式の電車や

近年日本でも路面電車で見られる

トラム型のデザインです。

海外のメーカーなので、なじみがない形かもしれません。

 

比較してみます☆

写真は手前から

トミカロングシリーズ ドクターイエロー

ジク 路面電車

トレーン 関空特急はるか

です。

大きさ

3社とも似た大きさです。

だいたい18㎝前後で、トミカが若干小ぶりです。

 

重さ

  • トミカ 約85g
  • トレーン 約130g
  • ジク 約100g

トレーンはなかなかの重量感です。

足の上に落ちたら、大変痛いと思います。

 

ジクはトレーンと比べると軽いですが、

素材の質感がプラスチックに近いので

小さな子どもには扱いやすいです。

 

連結の有無

トミカロングシリーズ

トミカの新幹線は、

連結部はありますが、つなげることができません。

トーマスの3両はつなげることができます。

 

トレーン

トレーンは連結できます。

前後の両方に連結部品がついている車両と

後ろにしか連結部品がついていない車両の

2パターンあります。

しかし、フックで留める簡単なものなので、

持ち上げたりするとすぐに外れます。

 

ひっぱると簡単に壊れてしまいますが、

連結部が別売りされており、修理が可能です。

 

ジク

ジクは連結できます。

前後に連結部がついています。

カチンと丸い球をはめるので、

3社の中では一番しっかり連結できます。

車両を持ち上げても、

ゆっくりだったら外れないぐらいです。

 

車輪について

トミカロングシリーズ

トミカは

本物に近い形で車輪がついています。

車輪が左右に動きますが、

そのおかげで、とても倒れやすいです・・・。

 

子どもがふすまの桟や窓枠に

電車を並べて遊ぶとき、

トミカだけパタパタ倒れるので、

息子はご立腹でした。

 

トレーン

とても安定感があります。

しかし、車輪が金属のため、

力を入れて壁やフローリングを走らせると

車輪の跡がついてしまいます。

 

ジク

ジクの電車も安定感があります。

 

 

おわりに

息子が気に入ったのは

トレーンの電車でした。

 

種類が豊富で、

遊んでも倒れにくい。

これが一番のポイントでした。

 

連結は外れやすいですが、

セロハンテープで補強して

満足そうに遊んでいました。

 

セロハンテープをはっても

外装がはがれないのがよかったです。

 

トミカ、ジクの電車も

お店で見るとほしがりますが、

遊ぶにはトレーンが一番でした!!

 

 

スポンサーリンク    

あわせて読みたい記事

-おもちゃ