いいものいっぱい、厳選こそだて

2019‐2020年の福袋やテレビ番組から育児グッズまで幅広く紹介!

育児グッズ

よだれが多い赤ちゃんにおすすめのスタイと、スキンケアの方法

2018/09/29

スポンサーリンク

よだれから赤ちゃんを守ろう!

赤ちゃんが生後4か月ごろになると、

目に見えてよだれの量が増えてきます。

 

よだれが増えてくると、必要になるのは、

「よだれかけ」と

「スキンケア」

です。

 

おすすめのよだれかけと、スキンケアを紹介します。

 

一押しよだれかけは 「赤ちゃん本舗のオリジナル商品」

よだれが多い子に必要なよだれかけの機能は

① よだれの吸収がいいタオル地

② 肌触りが良い

③ サイズが大きい

④ 乾きやすい

この4点に尽きると思います。

 

私の子ども達は、二人ともよだれが多く、

ひどい時期には、毎日よだれかけを10~13枚使っていました。

その時活躍したのが、

 

赤ちゃん本舗のオリジナル商品

グローパルビブ 3枚組」(1337円税込み)

です。

 ↑クリックすると大きくなります

綿100%のタオル地で、

日本製です。

デザインは、無地でとてもシンプルです。

 

そのよだれかけの、一番のポイントは、形です。

よだれかけの前の部分だけでなく、

ぐるりと一周、

肩の部分も後ろの部分も幅広なのです。

幅が広いので、よだれかけが正面を向いていなくても、

あらゆる方向からよだれをキャッチしてくれます。

 

もし、よだれかけがマントのように後ろになっていても、

ある程度キャッチしてくれます。

 

また、よだれかけの正面の部分が若干短く、

全体が幅広な形のおかげで、

よだれかけが赤ちゃんの顔を覆う心配が少ないです。

赤ちゃん本舗のよだれかけ ほかのよだれかけ

肩幅に違いがあることが分かります。

 

私自身、

一人目の時に、さまざまなよだれかけを試しました。

10種類ぐらい買いましたが、

あまりに赤ちゃん本舗のよだれかけの使い勝手が良すぎて、

他のが使えないぐらいでした。

 

二人目の時には、20枚ほど購入し、

それしか使っていません。

それぐらいおすすめです☆

 

よだれが原因の肌荒れには、「ワセリン」!

よだれが多い子の悩みは、口周りの肌荒れです。

 

唾液の中には、消化酵素や塩分、たべかすなど、

肌荒れの原因になるものがたくさん含まれています。

 

赤ちゃんの口の周りは、

自分のよだれで荒れてしまいます。

 

赤みが出ていたり、水泡があったり、

明らかに肌荒れを起こしている場合は、

小児科や、皮膚科にかかってください。

 

きちんと薬を使って、早めに直すことが一番です。

 

ただ、赤ちゃんの肌が荒れる前や、治った後、

きれいな肌の状態を保つには、

ワセリン

よだれから肌を保護してあげることが有効です。

 

ワセリンを塗るときは、

かたくしぼったガーゼで、肌をこすらないように、

優しくよだれをふきとっておきましょう。

 

また、こまめに塗りなおして、

ワセリンの油分で、よだれをはじいてあげます。

それだけで、肌を守ってあげることができます。

 

また、うっかりしがちですが、

母乳ので育てているお母さんは、

自分のおっぱいのケアを忘れてはいけません。

 

お母さんのおっぱいも、赤ちゃんのよだれにさらされています。

授乳後はぬれたガーゼや脱脂綿でふきとって、

場合によっては、馬油を塗り、保護してあげましょう。

 

おわりに

よだれが多いことは、

赤ちゃんの口の中の機能が正しく働いている証拠です。

よだれが多いと、口の中が唾液できれいな状態になりやすいので、

虫歯になりにくいという利点があります。

 

乳歯が生えるのが落ち着いたり、

赤ちゃんが唾液を上手に飲み込めるようになれば、

よだれで肌が荒れる心配はなくなります。

 

それまで、ケアを怠らず、赤ちゃんのお肌を守ってあげましょう!

 

新米ママ必見☆間違いなくお買い得なアカチャンホンポで買いたいベスト3!!

 

スポンサーリンク    

あわせて読みたい記事

-育児グッズ