いいものいっぱい、厳選こそだて

2019‐2020年の福袋やテレビ番組から育児グッズまで幅広く紹介!

育児グッズ

厳選☆おすすめの抱っこひもよだれカバー よだれが多くても安心!

スポンサーリンク

抱っこひもは、毎日洗えません。

よだれが多くなった赤ちゃんや、

カミカミしてしまう赤ちゃんを抱っこすると、

あっという間に抱っこひもの肩ひもが濡れてしまいます。

よだれが多くても、吸収力のあるよだれカバーを紹介します。

 

ベビージャクソンズ 日本製よだれカバー

吸収力があるタオル地で、

肌触りの良い今治タオルを使用しています。

日本製タオルで、赤ちゃんも安心してなめれます☆

日本製(今治タオル) 抱っこひも用よだれパッド (グレー×ピンクドット)

大きさも、高さが15センチあります。

ほかの商品は、10センチ以下のものがあり、

せっかくよだれカバーをしていても、

カバーの位置が赤ちゃんの口からずれてしまうことがあります。

 

幅も18㎝と広く、

エルゴなど、肩紐の幅が広い抱っこひもにも対応しています。

 

よだれカバーの固定方法はマジックテープです。

ボタンタイプも使ったことがありますが、

意識して止めないといけないので、

装着に少し手間取ります。

本当に少しの手間の差ですが、

私は、マジックテープの方が好みでした。

 

ガーゼタイプのよだれカバーもありますが、

よだれが多い場合はすぐに肩紐までぬれてしまいます。

 

もちろん、こちらのタオル地の商品も、

肩紐が濡れることはありますが、吸収力は段違いに違いました。

 

おわりに

はじめての子育てでは、どんな商品がいいか手探りで、

いろいろな商品を買って試しました。

よだれカバーも3、4種類買いました。

でも、ひとつ使いやすいのを見つけると、それ以外使わなくなります。

最初からいいものに会えると、うれしいです。

 

 

スポンサーリンク    

あわせて読みたい記事

-育児グッズ